One World One Fund

ファンド紹介

米国シリコンバレーを本拠地とするGlobal Catalyst Partners(GCP)は1999年に創業し、これまでに3ファンドで総額約3億ドル(約350億円)の資金を調達し、投資活動を行ってきました。

シリコンバレーを中心にIT分野のアーリー・ステージのベンチャー企業に投資し育成してきた中で培ったハンズオン能力、大手企業やベンチャーキャピタルとのグローバルなネットワーク、さらには自ら起業しExit(株式公開、企業売却)経験を持つファンドマネージャーの能力を最大限に活用し、Global Catalyst Partners Japan(GCPJ)は投資先ベンチャー/スタートアップ企業のグローバルな事業展開並びに日本でイノベーション活性化を目指します。

イノベーション促進には優秀な人材の活性化とサポート提供が肝要と考え、GCPJではGCPJに出資する日本大手企業に対し、各社の既存ガバナンス・社内管理システムと整合性を保ちつつ、ベンチャー的メカニズム・オープンイノベーションを実現する新規事業開発プラットフォームを提供し、社内の人材活性化を目指します。投資先ベンチャー/スタートアップ企業にはハンズオンで経営支援を行うと共に、GCPのネットワークを活用しグローバルな事業展開、資金調達、Exitも視野に入れたサポートを行います。

お知らせ

【News】

ロボット開発ベンチャーの「GROOVE X株式会社」に追加出資しました。 [リンク] 掲載記事:グルーブX、経 …

12325012_10208351362443962_2102224973_n

【News】

オンライン印刷サービス「ラクスル」などを手がける「ラクスル株式会社」に追加出資しました。 [リンク] 掲載記事 …

Eyecatch_2

【News】

保険外型訪問看護サービスおよび病院と訪問看護ステーションの効率的な連携を実現するインターネットサービスである「 …

headimage

【News】

アプリデータ分析サービス「App Ape」などを展開する「FULLER株式会社」に追加出資しました。 [リンク …

Eyecatch_1

【News】

クラウド型プロパティマネジメントサービスを行なう「アクシスモーション株式会社」に出資しました。 [リンク] プ …

12895363_10208351362483963_1662780598_n

掲載メディア

tc-techcrunch (1)TheBridgeLogologo_horizontalimg_ffdad5f850d74e8bee0de7059c0faab99429Yahoodigital1

PAGETOP
Copyright © Global Catalyst Partners Japan All Rights Reserved.
Partner1

Kamran Elahian (Managing Director )

 シリコンバレーに於いて著名な連続起業家。18年間でCAEシステムズ社(売却)、Cirrus Logic 社(IPO)、NeoMagic社 (IPO)、Centillium社 (IPO)等、10社を起業し、ピーク時換算で最大83億ドルの株主価値を創造した実績を誇る。1999年に大澤と共にGCPを創業し会長を務める。日本企業との繋がりも深く、訪日回数は100回を超える。国連/GAIDの共同会長も務めた。ユタ大学工学部修士。

×
Partner2

大澤 弘治, Ph.D. (Managing Director)

 1985年、三菱商事入社。情報産業関連の事業開発や投資に従事。同社在職中、1999年までの6年間は、同社シリコンバレー事務所にて、NeoMagic社、Centillium Communications社(両社ともNASDAQに公開)等のベンチャー企業への出資・事業開発を通じ多くの事業機会創出に貢献し、総合商社における新しいベンチャー投資ビジネスモデルを開拓。 1999年に三菱商事を退職後、Kamran Elahianと共にGlobal Catalyst Partnersをシリコンバレーにて設立しGeneral Partnerを務める。数多くの米国並びにアジアのアーリーステージのIT関連ベンチャーへの投資・経営に携わる。2014年にGlobal Catalyst Partners Japanを設立。慶応義塾大学理工学部卒。東北大学工学研究科博士課程終了。

×
Partner3

Vijay Parikh (Managing Director)

 Rockwell Semiconductor(現Conexant)に17年間勤務。その間に同社PC部門、ワイヤレス部門担当役員として14億ドルのビジネスの責任者を務めると共に、日本ロックウェル社長も歴任し日本に3年間居住。同社退社後、通信技術ベンチャーであるStratumOne社のCEOに就任。同社を4.4億ドルでCisco Systems社に売却。本買収に伴いCisco Systemsの通信事業者向機器担当副社長に就任し、21億ドルのビジネスを統括。2000年にGCPにGeneral Partnerとして参画。 インドBirla Institute of Technology & Sciences卒。ミシガン大学MBA取得。

×
Partner4

井上 準二 (Venture Partner)

 1974年に三菱商事入社。宇宙事業開発に長年携わり、宇宙通信株式会社設立の中心メンバーの一人であると共に4基の衛星打上げのMission Directorを務めた。1993年から米国三菱商事パロアルト事務所長を4年間務め、2000年から3年間は米国三菱商事上級副社長兼E-Commerce本部長を務めた。2003年、三菱商事執行役員に就任。同年から8年間、アイ・ティ・フロンティアの社長・会長を歴任。現在、リモート・センシング技術センター理事、デジタルガレージ社外監査役を務める。東京大学工学部卒。

×
Partner5

Art Schneiderman (Principal, Global Legal Services)

 シリコンバレー最大手の弁護士事務所であるWilson Sonsini Goodrich & RosatiのPartner。GCP共同創業者の一人でもある。本事務所に40年超勤務しておりLinear technology、Cirrus Logic、Quantum、Silicon Graphics、Centillium Communications等数多くの企業のCorporate Councilを歴任。ウィスコンシン大Law School卒。

×
Partner6

平出 亮 (Executive Vice President)

 学生時代よりベンチャー業界に関わり、第二次ベンチャーブームの最中、創業期のベンチャー企業にてレガシー業界の革新を目指し奔走。事業成長に貢献し、2007年に独立。 複数ベンチャーの立ち上げに邁進した後に2011年より人材関連サービスを展開する上場企業に参画し、大型提携および新規事業を担当。数百万人のユーザーが利用する新規サービスを中心に、1年半の間に7つ事業を興し、スタートアップ企業との共同企画など事業創出を牽引。 2012年より当該企業の米国子会社を立ち上げ、米国支社の開設から初期運営までをPresident & CEOとして執行し、シリコンバレーにて数多くのネットワークを形成。 前職を辞した後、日本の若手スタートアップ起業の立ち上げを支援しつつ、幅広いネットワークを活かし、日本から世界で戦える企業を増やすためにGCPJへ正式に参画。早稲田大学法学部中退。

×
JapanTeam1

齋竹 亙 (CFO)

 2002年、朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)において監査業務、株式公開支援業務等に従事した後、2007年に日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社に入社し、バックオフィス業務を担当。その後、10年間にわたって、複数の投資会社のアドミニストレーション業務に関与し、数々の職責を担う。
GCPJには、ファンドレイジングの段階からCFOとして関与。
公認会計士、税理士。横浜国立大学経営学部卒。

×
JapanTeam2

桶川 由香理 (Office Manager)

 2011年岡三証券に入社。約4年間、財務部にて外国証券の財務処理を担当。2015年11月よりGCPJに参加、GCPJオフィスの運営を担当。米国アーカンソー州立アーカンソーテック大学卒業。

×
JapanTeam2

福田 峰夫 (Executive Advisor)

株式会社リクルート 元常務取締役
株式会社KADOKAWA(角川書店) 元代表取締役社長
株式会社ジュピターテレコム 元代表取締役副社長

×